ー介護保険とは?完全初心者へ向けて ー

医療・保険制度

介護保険対象者

介護保険には第1号・第2号と二種類あります。

第1号被保険者

💡 65歳以上で要介護や要支援状態の方

第2号被保険者

💡 40歳以上64歳未満の医療保険加入者で要介護、要支援状態 

  が、末期がん・ 関節リウマチ等の加齢に起因する 疾病(特定疾病)

  による場合。

要支援・要介護とは?

体の状態によって分けられるレベルことです。

要支援はある程度生活が自立しているレベルのことで(身の回りのことはある程度可能など。)

要介護とは日常生活が本人の能力では行えず、人の力を必要としている状態にあること。

特定疾病とは

💡  65歳以上の高齢者に多く発生しているが、40歳以上65歳未満の年齢層においても発生が認められる等、罹患率や有病率(類似の指標を含む。)等について加齢との関係が認められる疾病であって、その医学的概念を明確に定義できるもの。

💡  3~6ヶ月以上継続して要介護状態又は要支援状態となる割合が高いと考えられる疾病。

特定疾病の範囲

  1. がん(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る。)※
  2. 関節リウマチ※
  3. 筋萎縮性側索硬化症
  4. 後縦靱帯骨化症
  5. 骨折を伴う骨粗鬆症
  6. 初老期における認知症
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病※
    【パーキンソン病関連疾患】
  8. 脊髄小脳変性症
  9. 脊柱管狭窄症
  10. 早老症
  11. 多系統萎縮症※
  12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  13. 脳血管疾患
  14. 閉塞性動脈硬化症
  15. 慢性閉塞性肺疾患
  16. 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

申請手順

1.市区町村の窓口に介護認定申請する。

2.認定調査をする。これは役所から担当の人が自宅環境や本人と面談を

  実施。(医師の意見書も必要となる)

3.介護認定を受ける。認定を受けてサービス開始までの期間は様々です

  が、2〜3ヶ月は考えていた方が良いです。

要支援・要介護で受けられるサービスの違い

💡 要支援

○介護予防サービス

・介護予防訪問看護 ・介護予防通所リハビリ ・介護予防居宅療養管理指導 など

○地域密着型介護予防サービス

・介護予防小規模多機能型居宅介護 ・介護予防認知症対応型通所介護

💡 要介護

○施設サービス

・特別養護老人ホーム ・介護老人保健施設 ・介護療養型医療施設

○居宅サービス

・訪問介護 ・訪問看護

・通所介護 ・短期入所 など

○地域密着型サービス

・定期巡回・随時対応型訪問介護看護 ・小規模多機能型居宅介護 ・夜間対応型訪問介護 ・認知症対応型共同生活介護

利用者負担

💡 サービス費用の9割が保険給付され、基本的に1割負担になりま

  す。しかし、利用者の収入によっては2〜3割負担になります。

💡 また要支援1〜2・要介護1〜5のレベルによって受けられるサ

  ービスの限度額というものが決まっています。

  なのでそれを超える費用については実費負担となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました