『絶対に後悔しない語学学校の選び方&期間の決め方。』「効率よく学ぶためのお勧め期間。」

留学・英語学習

星の数程ある語学学校から本当に自分に合った場所を選ぶのは本当に難しいです。

私も何度もここで良いのかと悩んで考えました。

しかし、私は自分が選んだ学校は全く後悔していません。

なぜ満足しているか、学校の特徴を把握して自分で分類していったからです。また語学学校へ行ったあとのことをイメージして決めことも大事になります。

先のことをしっかり考えてそこから逆算して考えると徐々に絞ることが出来ます。

ここでは語学学校を種類別に分けていきます。

初めに語学学校には大きく分けて2つの国の会社が経営しています。
それぞれに特徴がありますので合わせて紹介します。

1.韓国資本


特徴1.スパルタでルールが多い

韓国資本の学校は数多くあり、特徴としてスパルタで勉強に集中できる環境が整っています。
平日の外出禁止や学校内での母国語禁止。数多くルールがあり、それらを守れなかった際もペナルティーがあります。
また、こういったことを踏まえて学校に来ている学生も多く、日本人でもより勉強にフォーカスしたい方が多いです。

特徴2.日本人以外の人が多い

韓国資本の学校は自国内のエージェントを通して来る学生が多いので、必然的に韓国人の方が多くなります。韓国語を学んでいる人や韓国人の友達が欲しい方にとってはベストな選択肢となります。
また、韓国資本の学校は歴史が長く、情報が多いので他のアジア地域の学生も多く利用しています。

特徴3.韓国料理がメイン

当然ですが韓国料理が毎食のように出ます。韓国料理が好きな人はいいですが、あまり馴染みがなく辛い食べ物が苦手な人は苦労すると思います。

本当に毎食キムチが出ますwwしかも日本の物と違い辛い。

60分500円から通える韓国語スクール K Village Tokyo

2.日本資本

特徴1.日本人が多い

当然ですが日本人が多くなります。初めての海外や、留学など不安な人はお勧めできます。初めての経験は自身が思っているよりもストレスになりやすく、精神的にも肉体的にも負担になり勉強に集中することが出来なくなります。こういった不安を取り除くのに日本資本の学校を選ぶのが一つの方法となります。

特徴2.情報量の多さ

日本資本の語学学校は日本人の学生が多く行っているので、口コミサイトや取り扱っているエージェントがたくさんありますので容易に情報手に入れることが出来ます。

特徴3.年齢層が比較的低め

取り扱っているエージェントの数も関係しているのですが、学校のプログラムの一部でフィリピン留学を採用しているところもあり、多くの大学生が集団で来るところもあります。また多くの親御さんたちが安心して子供を送っていけるというのも一つ要因としてあります。連絡の取りやすさや、環境面でもある程度保証されているのがポイントになっています。

たくさんの学生が来て、普段聞けない話もあり刺激になります。

ここまで日本と韓国資本の学校の違いを話しました。メリット・デメリットを確認できたけどそれでもやはりわからない!という方にはまず日本資本語学学校の無料オンラインレッスンを受けることをお勧めします。あまり候補を挙げても悩むと思いますので、ここでは1つ有名な学校を紹介します。

フィリピンにある日本資本の語学学校で大規模学校の1つとして有名な学校で、オンライン無料体験があります。フィリピン人の先生での授業で最初は緊張すると思いますが、無料で自宅にいながら授業を受けれて、雰囲気も確認出来ますので是非試しに受けてみるのも良い情報収集になります。

よければ下にリンクを貼っておきますので覗いてみてください。

【QQ English】安心の日本人サポートとレッスン保証制度

留学期間

学校決める際に一緒に決めるのがどの程度の留学期間にするかといったことになります。
これはそれぞれの環境によって決まって来るものですが、ここでは自由に選べることを前提に進めます。


まず、お勧め期間は3~4ヶ月になります。

1ヶ月未満:生活のリズムが整ってきますが、英語の成長を大きく感じることは難しいです。

1~2ヶ月:環境に慣れて来る頃で友達も増えてきます。短い文章が使い慣れて、咄嗟に出てきます。

3~4ヶ月:生活に余裕が出来て自主勉強も自分の得意、不得意分野が整理出来てはかどります。

半年〜1年:勉強の疲れや環境に慣れて少しだらけてしまったり、使用する英語も限られてきて勉強への刺激が少なくなります。

この中で一番バランスが取れているのが3~4ヶ月です。

海外での経験も出来て、勉強も集中して行えます!


まとめ

1:日本資本の語学学校は海外や留学が初めての人にお勧め。また学生であれば年齢層も近く溶け込みやすい。

2:韓国資本の学校は日本人が少なく、英語での会話の頻度が多くなる。また、韓国が好きで韓国人の友達が作りたい人や韓国語も話したい人にとっては間違いない場所。しかし逆に韓国人が多く、馴染みにくく慣れるまでに時間がかかる。

3:留学期間は3~4ヶ月がお勧め。環境にも慣れて勉強の集中力も続きます。そして英語量の伸びも実感してきます。またフィリピンでの生活が楽しくなって来る頃で、充実した日々を送れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました